メニュー

苦痛の少ない内視鏡(細径経鼻内視鏡)検査

 当院には日本消化器内視鏡学会専門医が居りますので、安心して、検査をお受け頂けます。

経鼻上部消化管内視鏡検査(鼻から入れる胃カメラ)について

かつての胃カメラは、口から管を挿入するタイプで苦痛が伴いましたが、最先端のカメラは鼻から非常に細い管(先頭部分が5mm程度)を挿入する苦痛の少ないタイプが一般的になっています。鼻から挿入しますので、検査時に吐き気が起こりにくく、検査中にモニターを見ながら会話ができるのが特徴です。

検査の流れ

検査前日

夕食は、夜8時までに、消化の良いものをとってください(繊維の多い食事、きのこ類、海草、海苔等はお避けるください)。

水分(お茶やお水などの透明な飲料水)は、検査時間の2時間前まで可です。

検査当日

朝食事はとらないでお越しください

朝の薬がある場合には、予めお申し出頂き、指示に従ってください(血液をさらさらにするお薬、心臓、血圧、糖尿病を飲まれている方は注意が必要です)

検査中

ベッドに左向きになった状態で検査を行います。

検査時間はだいたい10分ぐらいです。

内視鏡のモニターを見ながら質問したりできます。

診断を確かめるために、色素をまいたり組織を採取したりすることがあります。

 

留意事項

  • 検査中は空気でお腹が張りますが、検査後数時間でもとに戻りますので心配はありません。
  • セデーション(静脈麻酔)使用時には検査後にベットで1時間ほど休んでから帰宅していただきます。
  • 組織を採取した場合には、当日の激しい運動、飲酒はを避けください。
  • 検査当日の体調によっては、検査を中止せざる負えない場合があります。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME