メニュー

生活習慣病について

生活習慣病はかつて成人病と呼ばれ、生活習慣(食生活、運動不足、飲酒、喫煙など)の乱れなどにより起こり、動脈硬化症に伴う心臓病・脳卒中など、重篤な疾患を引き起こす可能性があります。

生活習慣の乱れから起こりうる病状・疾患

糖尿病、高脂血症(脂質異常症)、高血圧症、痛風発作(高尿酸血症)、心臓病、脳卒中、動脈硬化症、肥満症、など。

当院の治療方針

生活習慣は個々のライフスタイルによって様々です。まず、ご家族の生活習慣病の有無をお聞きし、遺伝的体質の関与を考慮しながら、個々の生活環境に合わせ、生活習慣の指導をいたします。生活習慣病の改善は、まず、日常生活の改善から始まることがほとんどです。今までできなかった健康的な生活を継続していくことは、簡単なことではありませんが、日々の経過を患者さんと一緒に二人三脚で歩んでいくことを心がけます。

当院には、日本人間ドック学会専門医が居りますので、検査結果を総合的に評価し、合併症の予防等につきアドバイスいたしいます。また、重篤な糖尿病など、高度な医療機関での治療が必要な場合には、適切な医療機関をご紹介し、紹介病院と十分な連携を取りながら、治療をすすめていきます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME